キャッシングならオリックスVIP

a1 (257)

今まで中々捜し求めていたカードが無かったのですが、ついに見つかりました!それが「オリックスVIP」というカードです。このカードは実質年率3.0%~16.8%という高年率!!ご契約枠は最高で800万円!このカードを見つけたとき僕はつい興奮してしまいました。今までこのぐらいの年率があったとしても、契約枠があまり高くなかったり、スピーディな対応でなかったりして、少し残念がっていたところです。

でもこのカードならそのすべてがそろっていて、大満足です。お客様へのサポートもしっかりしているし、コンビニなどでも使えるのです。僕は今サラリーマンなのですが、このまえ急に上司に接待に呼ばれました。それで「やばい、今金がない!」と思ったのですが、このカードのおかげで助かりました。遠くの銀行まで行かなくても、コンビニで済むからです。

他には、この前息子が急に怪我をして入院したのですが、そのときかなりの入院費だったのでこのカードを使いました。最短60分の審査で申し込めるこのカードは年会費入会費0円!主婦の方でもパートやアルバイトをして、月に定期収入がある方なら誰でも申し込むことができます。そしてなによりこのメタリックな感じの「オリックスVIP」を是非利用してみてください。

最近注目される消費者金融について

お金を借りることができる金融機関は複数あります。
その中で最近注目されている金融機関として、消費者金融があります。
なぜ消費者金融が今注目されているかというと、それは金利が大幅に安くなったからです。
このタイプの金融機関は、以前は金利が非常に高く設定されていました。
例えば銀行の金利が20%までだったのに、このタイプの金融機関は30%近い金利をとっていました。

そのため以前はこの金融機関で借りると借金が増えるので、あまり良くないと言われることが多かったです。
しかし最近金融機関の融資に対する制度が変わって、どの金融機関も同じ金利でお金を貸すように制限されました。
その結果この金融機関の金利も大幅に安くなり、今は銀行と同じ金利で借りることができます。

今は銀行と同じ低金利で借りることが可能になり、更に融資を受けるときの審査が緩いのでメリットが大きくなりました。
今消費者金融からお金を借りるときは、低金利でゆるい審査の借り入れを利用することができます。
そのため他の金融機関よりもお金を借りやすく、そして負担も小さな金融機関になりました。
このタイプの金融機関は以前のイメージとは違い、非常に便利な業者になっています。

 

顧客データを元にした与信システム・審査に特長のある消費者金融

 消費者金融審査における与信システムは膨大な顧客データを土台にした属性モデル像を基本に融資の可否を出しています。これは過去の取り引きから契約者に近いモデル像に引き合わせて、将来の利用予測を導き出しています。つまり、契約の時点で将来の利用パターンをおおよそ把握しているのが消費者金融の審査の特長です。これは大手でも実践されているシステムで、銀行が個人向け融資の保証会社に消費者金融と提携・グループ化しているのは、属性モデル像による融資実績と回収ノウハウの高さに注目ししていることも理由の一つです。また、信用情報機関を銀行系や信販系のものと組わ合わせることで、契約者の借り入れ状況や件数、利用実績をチェックしています。

かつて貸金業法の改正前はグレーゾーン金利での貸し出しもあり、結果、多重債務者の増加という問題も表面化しました。その後の法律改正に伴い、総量規制と合わせて業界では自主規制も敷いています。その一つが件数制限で他社の借り入れには途上与信を通じて、利用状況をチェックしています。新規の借り入れでは契約かえら3ヵ月間は月1回の割合で契約者の信用情報をチェックし、それ以降も3ヵ月に1回のペースで照会しています。借り入れの時点のみ与信判断されるのではなく、利用している中でも信用情報をみているのが消費者金融の審査のもう一つの特長です。また、自主規制では広告表現などにも規制を加え、審査の甘い消費者金融を売りに安易な借り入れの助長、計画的な利用をすすめる表現を盛り込んでいます。